法人・バイヤーの皆様へcorporate

半世紀以上にわたる経験と実績で、
たまご本来の味をお届けします

藤野屋商店では半世紀以上に渡り、皆様に「おいしい」と言っていただけるたまご作りを日々愛情を込めて行っています。大自然の恩恵を存分に受けた藤野屋のたまごはまさに「大自然メイド」の味。久住高原の大パノラマの下で元気いっぱいに育った鶏が産んだ新鮮で安心・安全なたまごです。

藤野屋のタマゴが美味しい理由

  • 藤野屋商店のたまご

    黄身の弾力と厚みのある
    卵白が新鮮さの証

    藤野屋商店のたまごは、満月のようにプリッとした黄身の弾力と黄身の周囲にある卵白(濃厚卵白)に厚みがあるのが特徴。この厚みこそ新鮮なたまごの証と言われています。生食はもちろん、幅広い料理にお使いいただけます。

  • 飼料

    安心・安全な飼料だけを
    与えています

    例えば、自然に培った飼料の地養素を与えた鶏からは「地養卵」、ハーブを入れた飼料なら「ハーブ卵」など、鶏たちが毎日食べる飼料も自然素材のものにこだわっています。また鶏に与える水も「BMW技術」※を採用。鶏の健康を何よりも大切に考えた安全・安心な飼料や水を与えています。※BMW技術とは・・・バクテリア(B)とミネラル(M)により活性化させた水(W)を飲用水等に使用する技術のことです

  • 久住の大自然

    たまご作りに理想的な
    久住高原の大自然

    暑さに弱い鶏にとって標高600mの久住高原に位置する藤野屋商店の養鶏場は、夏は涼しく過ごしやすい場所。鶏たちにとっても体力が維持できる快適な環境だといえます。安全・安心で美味しいたまごは、まずは何よりも健康な鶏が育ってこそ。たまご作りに最適な環境でこれからも美味しい卵づくりを行っていきたいと考えています。

  • 養鶏場

    衛生管理には厳重な
    配慮をしています

    消費者へ確実に安全な商品を提供するため、「養鶏場に病気を持ち込まない」ことを徹底。そのため農場内は基本的に外部からの立ち入りを禁じ、車両やスタッフは消毒してからの入場にするなど入念な衛生管理体制を図っています。

  • 養鶏場

    徹底した環境と衛生管理された
    ウィンドウレス鶏舎

    昭和62年に設立したポートリーには、現在約18万羽の鶏がいます。 平成26年にはイタリアのテクノ社のシンプルで機能性の高いウインドレス鶏舎を全面導入しました。鶏舎内は温度や湿度をオートメーション化によってコントロールできるため、夏は涼しく、冬は暖かくと年間を通じて環境を一定に保つことができ、より快適にたまごを産める環境づくりが可能です。また人による飼育環境のバラつきがないため、結果的に安定した品質のたまごを生産できる仕組みとなっています。また鶏舎は丸洗いし、消毒も徹底的に行うことのできる「AI・AO」(オールイン・オールアウト)方式を取り入れ衛生レベルを高く保つことができ、安全安心なたまご作りを行っています。

平飼い鶏舎と直営農場について

鶏本来の習性を生かした放し飼いの養鶏

平飼いとは鶏を地面に放し飼いする養鶏法のことです。久住高原の一角に平飼い鶏舎「藤野屋久住農場」はあります。久住高原は特に夏は涼しく、鶏たちにとって快適な環境。

なるべく自然に近いスタイルで健康的に育ち栄養満点なたまごを産んでもらうために、鶏たちは毎日、自然の土の上で走り回り、飼料を食べ、眠り、そして早朝には新鮮な卵を産みます。平飼いの鶏が産んだ卵は、自然の風土と飼育方法が培った「たまご本来の美味しさ」が楽しめる味わいです。

流通体制

法人・バイヤーのお客様へ

  • ・たまごに関しては大分県内および熊本県・阿蘇方面に関しては自社にて物流いたします。
  • ・その他の県に関しては、業務委託している専門の運送会社が各店へ納品いたします。
  • ・スーパーマーケット様で物流センターをお持ちの場合は、センターへの納品も可能です。
  • 鶏(たまご)
    鶏(たまご)
  • 養鶏場
    GP工場
  • 養鶏場
    トラック
  • 養鶏場
    店舗・物流センター

たまごの使い方提案

たまごギフトとしてこんな提案もおすすめです

お歳暮

家庭用食材としてだけでなく、贈答品としても幅広くご利用いただけます。
贈答用包装、パッケージなども承りますのでお気軽にご相談ください。

  • ・お中元・お歳暮に
  • ・ゴルフコンペなどの景品や参加賞として
  • ・小売店様やガソリンスタンドなどのキャンペーン・イベントの景品、お土産として
  • ・お子様の誕生した際に内祝いとして
  • ・たまごの詰め放題、たまごの大喰い選手権などイベントの商材に

たまごの輸出について

「たまごかけごはん」のおいしさを世界に

シンガポールへたまごの輸出を開始

2016年7月、藤野屋商店では、シンガポールへのたまごの輸出を開始しました。東南アジアから近い九州の新鮮な生卵を輸出し、海外の食文化にも生卵を浸透させていきたいという目的のもと、3年がかりで輸出への準備をすすめてきました。

シンガポールでは、まだまだ生卵を食べるという習慣はありませんが、富裕層を中心に和食ブームの高まりに伴って、たまごを生食で食べたいという需要が高まってきていることに着目。富裕層を中心としたターゲットに対して、平飼いのたまご「トレたま」と「トレたまハーブ」の2種類を現地まで空輸で輸出しています。

日本のソウルフードである「たまごかけごはん」を通して、藤野屋商店のたまごの美味しさを海外の人にも知ってもらえたらと考えています。

【主要納入先】百貨店(明治屋)• ホテル• 居酒屋、和食レストラン(約1,100件)

お問合せはこちらへ

藤野屋商店の商品に興味をお持ちの方はお気軽にご連絡ください