藤野屋新聞Smile&Newsnewsletter

飼料の販売から直売所の運営、人材育成まで。幅広い業務に奮闘していますUPDATE. 2021.6.28

飼料事業部 部長 野田謙治

 

Q.現在どのような業務を行っていますか?

 

主な業務として「飼料事業部」で、鶏・豚の飼料を委託農家や直営農場へ販売する業務を行っています。その他にも「特販事業部」と「営業部本部」も兼任。

「特販事業部」は直売所での商品の運営全般や、オンラインショップの管理や販売などを、「営業部本部」では人材の指導や育成を任されています。

 

Q.仕事をするうえで喜びを感じることや大変なこと、教えてください。

 

飼料事業部の業務は、飼料メーカーさんとの交渉をいかにうまく行えるかというのが、大変な面もありますが、やりがいでもあります。

私は藤野屋に勤務する前、商社に20年以上務めていたので、その経験を活かしながら、社会情勢などで価格の乱降下が激しい飼料を安定的に仕入れ・販売ができるよう努めています。

また、特販事業部の業務である、直売所やネットショップの需要もありがたいことに高まっていますし、それに伴って人材の育成も必要になってきますし。やるべきこと、やりたいこともたくさんありますね。

 

Q.休日はどんな過ごし方をしていますか?

自宅が兼業農家をしているので、休日はほぼ農作業です。休みだからゆっくり、とはいかないですね(笑)。日々あわただしいですが、最近新たな趣味としてDIYにハマっています。

 

Q.部署内の今後の課題や仕事に対する目標などあれば教えてください。

 

 

飼料事業部はもちろんですが今後の目標としては、まずは直売所の拡充です。もっともっと気軽にお客様が集えるような、仕掛けや企画を考えていきたいと思っています。

また会社全体として言える課題でもあるのですが、人材育成にも力を注ぎたいです。自ら意識的に考え行動できるような人を育てるとともに環境も整えていきたいと思います

お問合せはこちらへ

藤野屋の商品に興味をお持ちの方はお気軽にご連絡ください