たまごコラムcolumn

大分・久住の採れたて新鮮たまごが並ぶ直売所。人気の秘密を徹底解説。UPDATE. 2017.7.25

大分_たまご_直売所4

 

みなさん、食材を買う時はどこで買っていますか?

 

おそらく多くの方がスーパーだと思いますが、ここ最近、スーパーで買い物をするときも単に「価格の安さ」だけを重視するのではなく、新鮮さや産地にこだわる方が増えてきています。


実際にスーパーの野菜売り場の一角にも、産地や生産者の表記が明確な野菜が多数置かれた「産直コーナー」があるところも多く見受けられますよね?

 

同じようにたまごも、以前は「特売品の定番」「とにかく安いほうがいい!」と、チラシで特売されているのをお目当てに買い求める方が多かったのですが、スーパーの担当者の方から、お客様の購買の動きなどのお話を伺うと、最近は【食の安全】という面からも養鶏場名(生産者名)や使われている飼料、鮮度など「たまごの美味しさ」にこだわる方が増えてきているという話をよく耳にします。

 

そんな方たちに今、足を運んでいただいているのが久住の雄大な高原が広がる、国道57号線沿いにある藤野屋商店の「たまごの直売所」です。お客さんは地元の方をはじめ、県内外から観光途中にと、たくさんのお客様にお立ち寄りいただいています。

 

今日は弊社の「たまごの直売所」についてご紹介したいと思います。

 

たまごメーカーが直売所を作るきっかけとなった2つの理由

 

2015年4月にオープンした直売所を作ったのには、2つの理由があります。

 

①「新鮮なたまごを買い求めに来る人がより立ち寄りやすい場所」を作りたかった

 

まずは「新鮮なたまごを買い求めに来る人がより立ち寄りやすい場所」を作りたかったということ。

 

直売所ができる以前から、よく藤野屋商店の社屋に「たまごはこちらで販売してもらえるんですか?」とわざわざ足を運んで買い求めに来られるお客様が多くいらっしゃいました。

 

しかしせっかく来てくださったのにもかかわらず、その日の状況によってはお求めの商品がすぐ揃わなかったり、お待たせしてしまったり…とご迷惑をおかけしていたんです。

 

② 鶏の健康を守るため

 

もう1つは「鶏の健康を守る」という点です。


以前のブログ(鶏を病気から守るために行っている防疫対策について)でもお話しましたが、藤野屋商店では美味しいのはもちろん、安心安全なたまごづくりを信念としています。


そのため社内はもちろん工場、鶏舎などを往來する際にはスタッフはもちろん運搬車両などにも消毒や殺菌を徹底しています。

 

取引業者様やお客様が出入りしていただくことは非常にありがたいことではありますが、「たまごを作る場所」と「たまごを販売する場所」をきちんと分けることは、衛生面やたまごを産む鶏たちの健康を考えたときにも大切なことだと思ったのです。

 

大分・久住の採れたてたまごが朝から並ぶ【たまご屋の直売所】の魅力とは?

 

藤野屋商店_平飼い養鶏場①

 

藤野屋はたまごを生産しスーパーや店鋪、物流センターなどへの卸・販売を主な業務としていますが、「新鮮なたまごをより多くの人に味わっていただきたい」という思いで直売所を設けました。直売所のたまごの魅力っていろいろあるんですよ。

 

GP工場で完成したての、より新鮮なたまごが手に入る!

 

藤野屋のたまごは通常、スーパーや店鋪に並ぶのは早くて出荷から3日以内。もちろんたまごの鮮度としては申し分ない期間ですが、GP工場からそのまま店先に並ぶ直売所のたまごは、当然ながら「物流」という工程がありませんから、より新鮮なたまご、ということです。

 

定番人気のたまごから直売所限定のたまごも


直売所にはスーパーなどでも販売している「さくらたまご」や「赤たまご」などの定番商品はもちろん直売所でしかお目にかかれない、たまごも販売!

 

1個のたまごに黄身が2つ入った「ジャンボ卵」や料理のアクセントにも便利な「温泉たまご」は数量限定・直売所限定のたまごとして人気です。

 

見た目は違えど品質は申し分なしの「規格外たまご」

 

その他にも、GP工場内で製品化する際に

 

・ヒビが入っている
・わずかに落としきれない汚れが残っている
・黄身部分に血が混ざっている

 

などの理由で出荷商品にはならなかった「規格外たまご」も販売しています。規格外たまごは、スーパーなどの「市場」に出荷にはされなかったものの、味や品質には問題のないたまごのことで、直売所の常連のお客様を中心に人気です。

 

ただし「規格外たまご」は加熱専用たまご!きちんと冷蔵保存し、加熱調理して食べるたまごとして販売しています。40個600円とお手頃な価格というのもあり販売後、すぐに売り切れてしまうこともしばしばです。

 

毎月5のつく日にはオトクな企画を開催

 

大分_たまご_直売所1

 

たまごの「ご」にかけて、直売所では毎月「5」のつく日にお得な企画も実施しています。

 

毎月5日【500円でたまご詰め放題】


1ネット500円で、何とお好きなだけ、たまごを詰め放題できる日!
たまごの殻が割れないように、慎重かつ大胆に!? 新鮮たまごの詰め放題にチャレンジしてください。

 

毎月15日【ポイントカードのスタンプ2倍押印】

 

お買い物500円ごとにスタンプを押印する直売所発行の「ポイントカード」のスタンプを2倍押印いたします。

 

毎月25日【たまご1トレー500円で販売】


「さくらたまご」通常1トレー700円を500円で販売
※1トレーは、Mサイズで45個、Lサイズで40個になります。

 

実はたまご以外の藤野屋の商品も販売しています

 

久住高原元気印

 

直売所ではたまごの他にも、自社養豚場で育てた「ハーブ豚」のお肉をはじめ、ウィンナーや赤鶏の炭火焼き、炙り焼きなども販売しています。ご家庭用はもちろんお土産にもぴったりです。

 

心地よい風そよぐ久住散策・ドライブの途中にお立ち寄りください

 

久住は今の季節、絶好の観光・行楽スポットです。初夏の高原地帯への観光やドライブの途中に、藤野屋の直売所にもぜひお立ち寄りくださいね。


なお直売所は竹田市久住町の他、大分市内にもございます。


【藤野屋たまごの直売所】

 

大分_たまご_直売所7

 

竹田直売所
〒879-6184 大分県竹田市菅生953
電話番号:0974-65-2321
営業時間:10時〜16時40分
定休日:日曜、祝日

 

 

 

大分_たまご_直売所6

 

大分直売所
〒870-0154 大分県大分市高城西町7-27
電話番号:097-578-7462
営業時間:9時〜15時30分
定休日:日曜、祝日

 

text= 藤野屋商店

お問合せはこちらへ

藤野屋商店の商品に興味をお持ちの方はお気軽にご連絡ください